恐怖、口周りの牛乳の円

私は顔の毛が濃いです。
毎日剃らないと眉毛は剃らないとつながりそうになりますし、口の下の毛もすぐにはえます。
私が顔の毛が濃いと思ったのは、小学生の時の出来事がきっかけです。
当時牛乳が大好きだった私は、牛乳をよくいっきのみしていました。瓶で出される牛乳に口をつけて飲み終えると、
男子が牛乳が鼻下と口の周りについてる、泥棒みたいと大声で叫ばれたのです。
鼻下に毛ってはえるんだという周りの声を聞き、ショックを受けました。牛乳は、私の口周りの毛にぴったりくっつき綺麗な円を描いてました。
全く気にならなかったのですが、それ以来口周りが気になりすぎて、風邪でもないのにマスクをしたりしていました。
姉の安全剃刀をこっそり借りて自分の顔をそると、赤くなったり、ガザガザしていました。
中学に入り、化粧をしても毛が邪魔をして化粧がうまくのりませんでした。
それを見かねた姉が私を何度か安い脱毛サロンにつれていってくれました。少し薄くなりましたが、それでも私はとても嬉しかったです。
姉に脱毛サロンの知識を教えてもらい、高校に入ったら絶対脱毛すると強く思いました。全身をすべて施術するためには月2回通って2か月かかるそうです